calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

山口揚平の書籍一覧

Facebookを公開しています

女性のキャリアと結婚について

0
    最近の「10年後、世界が壊れても〜」の本を出してから、女性誌の取材を受けることがあり、いつも聞かれるのは、「結婚(制度)」「(女性の)キャリア」「(女性の)透明感」の3つだが、まず結婚制度については、自分自身は結婚していないからわからないと前置きした上で、これまで家族の構成人数は、70年代は7人、80年代は6人、90年代は5人、2000年代は4人、2010年は3人と減ってきているので、2020年には、平均2人(親子2人、夫婦2人か子供1人、単身者)になるだろう、だからコミュニティーの最小単位としての家族は期待しない方がいい、と答えている。家族「制度」よりも広い範囲で生活をシェアすべきだし、例えば子育てや介護の問題を家族内だけで解決しようとするのはもう無理だ。そういった意味で、現状の結婚「制度」を見据えながらも、男女のパートナーシップのあり方を真剣に学ぶ方が本質的な解決だ。事実婚やパックス制度もいずれ普及するからだ。女性のキャリアについていえば、一般男性が持っている会社に対する忠誠心に代替する職能が必要である。女性は、会社に対する忠誠心でなく、顧客に対する貢献心を徹底的に養うことで会社に縛られないプロフェッショナルとしてのキャリアを築くことができると説いている。男性の場合、どうしても縦社会の中で、顧客に尽くすよりも上司に尽くしてしまう傾向がまだ強い。女性は横社会のつながりや家庭を大事にするので、これまでの企業社会の中では、忠誠心の不足を盾に男性社会から排斥されてきた。しかし、企業の縦社会が機能しなくなった今、よいチャンスである。忠誠心の対象を上司でなく顧客に向けるのが女性のキャリアの作り方の基本である。最後の女性の透明感であるが、男性なら清潔感、女性なら透明感と言われるように、このミステリアスワードは明確な定義を持たずとも多くの人が納得し、求めている。堀北真希やガッキー、古くは広末涼子が代表である。その透明感はどこから出てくるのかといえば、化粧でも顔立ちでも髪型でもない。それは、意識の置き場ではないだろうか?透明感溢れる女性とは、邪念や私心が見えないということであり、その解決策は、やはり丁寧な生活の繰り返しと、仕事に対する真摯さの掛け合わせででてくるものではないだろうか。

    アイデアのある人は悩まない

    0

      頭がいいなぁ、と思う人はたくさんいるけれど、記憶とか頭の回転とかはもうAIで片付くからそういう頭の良さにはもはや興味ない。ウルトラクイズは終了したし、解答が存在する高校生クイズも時代遅れ。偏差値とか意味不明。

      最近、興味深いのは、二つのタイプの頭の良さです。
      一つは有機化・統合ができる人。一見、無関係な事象を結び付けて、まったく新しい一つの結論や解決策を作っちゃう人。こういう人は圧倒的な抽象思考力と広大な知識と教養、本質を見極める洞察力をもっている。

      しかし、すごいなー、と本当に思うのは、もう一つのタイプ。それは常に別の選択肢、つまり代替案を持っている人。先ほどの有機化力とは逆に分離化力があるんだ。

      堀江 貴文さんが典型的なその知的パターンで、宇宙開発事業ispaceの時になんどかお会いしただけだが、いつもそんなに優秀な部下がいるわけじゃない(失礼!)。でも彼はあまり気にしている風でもない。もちろんミスは注意するのだけどそれほど部下を詰めることもない。余裕がある。そこで彼の優秀さはなんだろう?と考えてみたのだけど、彼にはあまり執着がない、それは別に心がクリアとかではなくて(失礼!!)、「ああ、この人は、常に別の選択肢、つまり代替案をいくつも持っているからではないか?」と思うようになった。「想定内」という彼の言葉は一時流行ったけれど、まさにそれ。特にプロパーで起業家となった彼は失敗が常につきまとう。だから何か目的と手段を考えたら、失敗を前提にして、実行する前に、先に別の手段(代替案)をいくつか持つ「癖」がついているんじゃないだろうか?だから部下がミスしても別の方法があるからそこにスティック(執着)しない。そんな感じの印象を持った。ふつう、収監されるとなったらもう大変落ち込むだろうが、「だったら1000冊本でも読むか」と切り替えるのも、案をいくつも持っているからか。

      「アイデアがある人は悩まない」というのは僕が大好きな 言葉で、カヤック柳澤 大輔さんの言葉だが、それも同じ意。ほかの選択肢がある人は執着しないからハッピーでいられる。それこそ大切な知性なのではないか?どんなときでもたくさんの選択肢(代替案)を持ってから事にあたる習慣、身に着けたいですね。


      腹痛の夜

      0

        結局、病院には4つほど行ったのだがなかなかお腹の激痛が治らないと聞いて、僕らの代替医療チームのホリスティカのメンバーの一人が駆けつけて鍼灸をしてくれた。すると1ヶ月半も続いた腹痛がすーっと引いた。本当に一瞬の出来事だった。残念ながら完全に腹痛が消えた効果は半日ほどだったが明らかに快方に向かう。これに味をしめて?、今日は、いきつけの鍼灸治療院に行ってきた。鍼灸ってすごいんだな、と感動した。
        それにしても、病を通して人は内省するものだ。はじめは痛み、そして怒りと憎しみ、後悔、反省、感謝、ゆるしの順に心が進んでゆく。ゆるしにも流れがある。最初に人をゆるし、自分の偏りをゆるし、ゆるせなかった自分をゆるし、最後にすべてをゆるしてゆく。そのこころの動きが面白い。

        追伸
        さて人はどこまでも概念的な存在だと思う。人間とは何か?と定義するならば、今の僕は「人とは知識と経験と物質に吸着している意識の集合体」とする。そしてその自己を俯瞰的視座から観察するまた別の意識があることに気づく。連綿と続くこれら意識の流れこそがこの世界を形成する原理なのだと思う。その地点からみれば自然・人間・個人などの分断的概念はなにも意味をもたないのだ。おやすみなさい。


        承認欲求バブルの崩壊

        0
          ここで書いていてなんだが^_^;、facebookは多くの人にとってはマイナスな存在になっている。いいね!を求める承認欲求バブルはインフレしすぎて限界を迎えている。もはや他人の(見せかけの)生活を映すタイムラインは、ストレスになるだろう。facebookはこれからメッセンジャーやログイン認証としてのみ残る。LINEがまさにメッセンジャーだが、これらはあくまでもリアルタイムのその場のやり取りに過ぎない。次に登場するコミュニケーションツールは、互いの信頼や絆を貯めてゆけるストック型メディアであってほしい。

          「UFOの写真はなぜいつも画質が粗いのか?」

          0

            「UFOの写真はなぜいつも画質が粗いのか?」

            そのこたえは、もちろん「カメラの性能が低く、画質が荒かったからこそUFOが“存在できた”」からに他ならない。つまり作り物の写真がそれらしく見えた時代だっただけだ。今の高画質時代、誰もUFOの写真ネタなどメディアに出してこない。(もちろん僕はUFOが好きだけど)

            物事はいつも逆から考えるから真相がみえる


            アカデミズムの凋落

            0

              今、アカデミズムの世界では、長期の思索や洞察に基づく本質的理論よりも、ライトな情報や数字をもとにしたエビデンス・ベースの論文の方が圧倒的に評価を得る仕組みになっている。しかし、このエビデンス(統計やファクトと言われる数字をもちいたもの)は恣意的かつ現象の一側面を表しているに過ぎないケースが多い。因果関係と相関関係の違いも正しく理解されていない。しかもファクトは常に移りゆく。世界は動的であり多次元的、多層的な要素の上に成り立っている。細分化された学術領域の一部の要素の相関関係を持って鬼の首をとったかのような論文が多産される現状はおかしい。

              シビアな現実社会において、高い報酬をもらってビジネスを行う戦略ファームの本当のプロフェッショナルから見ると今のアカデミズムのエビデンスのゆるさ・浅はかさは嘲笑の的になっている。

              エビデンスベースの良さは単にその数字のわかりやすさにある。しかし、わかりやすさと真実とは関係がない。アカデミズムがエビデンス・ベースに寄る傾向は、学者の洞察的リテラシーが年々低下しているからに他ならない。迎合してはならない。残念ながら統計学は最強の学問ではない。学者はもっと自分の頭を使って考え抜かなければならない。


              ヒカリエ キーノートスピーチ

              0

                本日のヒカリエのTWDW2015のキーノートスピーチです。
                それにしても長すぎましたね。。。スピード、質問に対する答え、はしょりなど至らない点が多々ありましたがありましたことご容赦ください。

                P13までが重要です。
                P64~66の説明はわかった人はほとんどいないのではないかと思います。すみません。消化不良の人は、次の講演までお待ちくださいませ。

                (*)本日いらしてくださった方、今日、何を感じられたか?また、内容・やり方についてのアドバイス・批判を教えて下さいませ

                 


                シェアーズの提供する投資教育サービスが新しくなりました

                0

                  シェアーズの提供する投資教育サービスが新しくなりました。この機会にぜひ一生ものの投資の知識を身につけられてはいかがでしょうか?投資がわけのわからないもの(笑)から、楽しくきちんと成果があがるものへと変わります。

                  これまで私たちは、誰でも一瞬で、直感的に企業の価値や実態がわかる投資ツールとして提供していきました。
                  しかし、個人投資家が、「本当に良い株を見つける」ことができるサービスへと進化することが今、求められていると実感しています。

                  そこで、私達は、投資の3つのステップ、すなわち、
                  1.候補を発見する
                  2.自分で企業分析をする
                  3.他人(プロ)にチェックしてもらう
                  を強化しました。

                  これにより、個別株投資のフルサポートが可能です。

                  まず、1.候補を発見するについては、強力なスクリーニングツールを用意しました。
                  なにが強力かというと、バックテスト(有効性チェック)ができるからです。つまり、あるスクリーニング条件で、もし1年前に投資をしたなら、リターンはどのくらいだったのか?を瞬時に弾きだしてくれるわけです。

                  つぎに、2.企業分析をする、については、従来より企業カルテを提供しているわけですが、このカルテは正しい見方を知ることで投資判断のレベルが圧倒的に変わります。
                  そこで教育教材として提供していた動画コンテンツを新しいプランには盛り込みました。
                  ぜひ王道の投資スタイルを学んでください

                  最後に、3.他人(プロ)にチェックしてもらうために、今回、プランの中に「分析の依頼をする」というコーチング機能を盛り込みました。自分ではなかなか手の届かない分析内容については、投資対象の企業についての分析をプロのアナリストに対してリクエストすることが可能です。

                  その他新機能や詳細については、下記URLよりご覧ください。
                  http://valuationmatrix.com/plan


                  オトナの証明

                  0

                    最近、オトナになったなぁ、と思うのは、人の相談に乗る時に具体的に解決するところまで持っていけるようになったことです。

                    就活、起業、出版、事業から金の工面に至るまで、相談事に乗ることは昔から多かったけど、話を聞くだけじゃなくて最後まで伴走したり、実現できるのは力を持っているオトナの証拠で、それが嬉しいです。

                    でもいまだに、女の子から、「相談があるんですー」と言われたら、それすなわち、「好きです、付き合ってください!」という風に、勝手に脳内で自動変換してしまうところは、中2病のままです。その誤解と期待のはざまで、ウンウンと悩みます。しかしよく考えれば、ああ、そういえば、恋の相談は僕にはぜんぜんこないですね。だから皆、僕にはプラクティカルなものを求めているんですね、今わかっちゃったかも。

                    というわけで、恋の相談は、自称、恋愛マーケティングの天才 我が兄 Kazuya Yamaguchiへお願いしますm(_ _)m

                    http://youtu.be/tCyYhxp99ao


                    ハイブリッド・キャリアを目指せ

                    0

                      男なら誰でも、インディ・ジョーンズか、浦沢直樹のマスター・キートンか、あるいはダン・ブラウンの小説「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に出てくる教授に憧れると思うのです。

                      つまり、学者(教授・哲学者)でありながら、タフな実務家という組み合わせです。
                      古くは、ローマの哲人皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌス(古すぎ?)、トロイ遺跡の発掘で名を馳せたシュリーマンがロールモデルといったところでしょうか。

                      単なる学者には金と生存能力がないし、事業家は品と教養がない。どっちか片方ならありうる。けど、その組み合わせこそが最強だと思うのです。

                      僕自身もひそかに、この事業家✕(哲)学者というハイブリッドキャリアを目指していたのですが、日本からも実はそういう諸先輩が生まれつつあります。

                      例えば、マニア垂涎の秀作「なめらかな社会とその敵」の著者で、複雑系・自然哲学の気鋭の学者にして、大ヒットアプリ「スマートニュース」の創業者である鈴木健さん(サルガッソー社長)、それから、僕の先輩格で、学生時代から天才として有名ですでに20才前後で本を出版していたインテリ学者にして、12月に自身の会社を上場までさせた橋本大也さん(データセクション会長) Daiya Hashimoto などがそのロールモデルです。

                      アーティスト、アスリート、士業、起業家、芸能界を縦断して、これからはどんどんハイブリッドキャリアが生まれてきそうな気がします。


                      << | 3/33PAGES | >>