calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

山口揚平の書籍一覧

Facebookを公開しています

資本主義を否定する愚かな人達へ告ぐ

0


    私が経済学の歴史を学んでわかったことは「資本や貨幣に逆らうのはやめた方がいい」ということです。かのマルクスは大英図書館に30年以上ひきこもってあらゆる書物を読み込んだ上で、資本論を書きました。いわく「あぁ資本がすべてのみこんでゆく、人々の労働さえも『商品』になってしまう。人は機械化され搾取され匿名のものになってしまう…」そして人道的・倫理的な観点からその世界を否定した(マルクスの主張の本質はもちろんそれではないけれど、当時の人々はこのように読み取った)。古今東西のあらゆる経済学者は、あらゆる書物を読み、学び、思考した上で最後に必ず“日和る”ように思えます。アダムスミスしかり、ミル、ハイエクしかり、そしてあのケインズでさえも「資本にあらがう」ことを考えるのです。最近ではジャックアタリやピケッティもそう。メディアも含め倫理的・人道的主張へと論を落ち着かせようとするように私には思えます。なぜならそれこそが彼らが経済学者になる理由だからです(私もそうです)。しかし残念ながら資本を否定したまさにそのタイミングに彼らの学問は死ぬのです。それまでのどんなに精緻な分析も定量的解析も深遠な洞察も無に帰するのです。


    経済の論点は、いつも同じです。すなわち格差の問題、そしてこの資本がすべてを飲み込んで画一化して無機化してゆくという点です。このどちらも本質的には同じ問題です。それは、我々が有機的だと思っているものが無機化することの問題です。格差は、全体論として人間関係の断絶によって社会の危機となり、個別論として人の生命の危機になり、ということです。今の話題は、AIによって人々がまた仕事が奪われるんではないか、という不安でしょうか。これも産業革命から同じです。あるいはずっと繰り返している金融資本主義によってお金が暴力的に実態経済、生活経済を脅かすということかもしれません。それも中国では管氏の時代から、イタリアでも13世紀の商業金融から変わってない。その破綻の周期も年々短くなっており、リーマンショックから7年経った今、不安が募ります。

    いずれにせよ、この世界は未来永劫に資本の波から逃れることはできません。繰り返しになりますが私が経済学を学んで悟ったことは、資本を否定することの愚かさでした。貨幣とその蓄積である資本は、数字というもっとも汎用的、逆に言えば抽象的・匿名的な財の形をとった完全言語です。その汎用性ゆえに、人々の最終的な欲求はこの究極の財である貨幣の獲得に向かわざるを得ません。

    その上で人はどうあるべきか、なにをやるべきか?それは3つだと私は思います。

    1、資本の波を食い止める(規制)
    2、飲み込まれた人を助ける(福祉)
    3、新たな有機的を発見する、創り出す

    です。
    1と2は、政府や行政、NGO,NPOが地球規模でやっていることです。この資本を食い止める行為は中世で言えば城を作り国民を護る行為です。

    しかしそれ以上に資本を使ったビジネスが世界を無機化してゆくスピードの方が早いのが現在です。ですから、現代を資本主義だとか社会主義がよいとかいうのは馬鹿げていて、資本優位性社会主義時代と言うべきです。資本 〉社会、ということです。

    ビジネスとは本質的に、無機化する行為です。すなわち、標準化によってプロセスを単純化し、画一化によって商品を匿名化し、中毒化によって顧客の生命を無機化することです。ビジネスとは端的に言えば、「標準化・画一化・中毒化」することなのです。貨幣と資本という切断機によって、有機物を無機物に変える行為です。これを冷静に見据えた上で、人は、3つ目の、あらたな有機的を発見する、創造する行為に向かうのです。

    それには、4つの方向があります。

    愛(関係)・国語
    悟(霊性)・社会(倫理、道徳)
    土(自然)・理科
    天(知識)・算数

    それぞれの方向に有機物のフロンティアがあります。だから基礎4教科が大事です。(これは前のエントリで書きました)
    ビジネスとはそれらをみつけ無機化してゆきます。

    たとえば、
    愛では、SNSは関係性を細切れにして可視化することで無機化し利益を得ます。婚活・恋活の関係性獲得支援ビジネス、ライザップ、ざわちん、Instagramの承認獲得支援ビジネスも同様です。

    悟は、宗教組織化、ヨガやマインドフルネスなどのラベル化によって無機化され商業化されています。(ちなみに今年は商業化しすぎた宗教の不祥事が相次ぐと私は予測します)

    土は、自然が産みだす有機物、すなわち食べ物やエネルギーをもたらしますが、食品ビジネスはそれを無機化することです。これもオーガニック農業やバイオ栽培の形でさらに進展するでしょう。昔は新大陸の発見と植民地化でした。

    天(知識)は、教養・知識・情報の加工、流通です。メディアや学校がこれにあたります。膨大な時間の消費を伴います。キュレーション、ゲーミフィケーション、習い事、情報中毒の時代です。

    さて、なんども私が言いたいのはこれらの無機化することがよくないとか、そういうことではないです。

    そうではなくて、圧倒的なスピードとパワーで無機化する時代に、有機化創造に焦点を当てて生きることです。

    大切なのは、以下の公式です。

    豊かさ = 有機物 − 無機化

    つまり、無機・有機の「差」が余裕であり、うるおいとなるわけです。
    都会で稼いでいても(無機化力が強くても)、有機性、たとえば関係が薄かったり、自然や食、マインドの安定がなければ豊かでないし、逆に、無機化するパワーが弱くても有機性の弱い土地はやはり豊かではない。

    稼げばいい、穏やかであればいい、という一元的な考えでなく、有機物、無機化のバランスの中に、動的な生命としての豊かさがあるということです。

    まとめます。

    1つ。資本や貨幣を否定することは無価値であること。
    2つ。有機物の発見と創造に尽くすこと
    3つ。生活経済において有機・無機の調和を心がけること

    これから詳しくこのことについて書いて行きます。


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2017/01/23 1:53 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック