calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives

山口揚平の書籍一覧

Facebookを公開しています

中田選手とイーロン・マスク

0

    中田選手がテレビの取材で、「僕がすごいんじゃない、サッカーが偉大なんです」と答えているのを聞いて、そうだよな、と思った。サッカーは、ボールと空間さえあれば誰でもどこでもできるという意味で貧富の差を問わない、もっとも敷居の低いスポーツでありそれゆえに世界最大の競技人口を抱え、大きなマーケットを形成できる。サッカーは偉大である。(もちろん中田選手も)

    同じように、起業家のヒーロー、リアルアイアンマンとして人気絶頂のイーロンマスクだけど、彼を追いかけるのではなくて、本当は、逆に“イーロンマスクを生み出すことのできたこの世界”の新しいしくみを考えることの方が大事。
    (もちろんイーロンマスクもすごいけど)
    Paypalで大金持ちにあっさりなった後に、テスラモーター(電気自動車)とスペースX(宇宙ロケット)とチューブ(高速鉄道)を起業して成功する、なんてことができるこの世界のしくみは一体なんだろう。最高の技術知見のアクセス可能性と、圧倒的な資本調達の可能性に答えがある。起業家の役割は、全体構想とモジュール分解。きっとイーロンマスクは、この世のあらゆるモジュール分解された資源は調達しうる、ということを疑っていない。だからこそ自身はひたすら構想とそのための知識に集中し、構想化された方程式が現実世界で機能するかをひたすら検証し続ける。そしてそのための資本集約のための技術と信用を保持する。そういったことだ。普通我々はリソースベースで物事を考えてしまう。だがこれは分業とネットワークが十分でなかった20世紀の発想なのだ。

    いまや、世界はあらゆる分業と資源の調達を可能にする。あと新しい物事の実現に必要なのは構想と信用と公共精神にすぎないのだ。それが今の世界のしくみである。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック