calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

山口揚平の書籍一覧

Facebookを公開しています

原点

0

    僕は、この年で子供もいないし、そうなるとFacebookをみるのが正直辛くなる。嫉妬もする。正直、ここ数ヶ月はブルーな日が続いた。

    独りは自由だ。いくつかの事業をやり、本を書き、東大で学び、高校や大学で教え、最高のシーズンのフィンランドで最高のデザインスクールにいる。でもそれは責任がない独り者だからできること。社会的責任がないからだ。モラトリアムにすぎない。誰も何も言わないけどそこにはどこかいつもコンプレックスが残る。

    そんななか、ここアールト大学デザインスクールでは、最終のプレゼンテーションに向けて、チームの議論はヒートアップしていた。テーマは2040年のユートピアの社会システムデザインを作ること。
    2040年のフィクションストーリーを作り、同時に分析やエビデンスも添える。右脳と左脳と同時に使い、国籍多様で、プライドも実績もあるメンバーとコワークしなければならない。正直、しんどい。

    僕は、いつも争いを避けてきたけれど、なぜか今日はガチンコのディベートをした。それはどうしても譲れないポイントがあったからだ。

    僕が考えた物語はこうだ。少し長いがかいつまむ。
    2035年。お金も教育もない若者達は、数も少なく政治でも発言力がない。八方ふさがりだ。一方、老人はお金も票もあり、たくさんの若者にケアされているが、その心は孤独である。
    そんななか、ある勇気ある若者は、小さなビルの看板をみつける。そこには時間銀行と書いてある。そこで、若者は、未来の時間を5年後から5年間差し出す代わりに一億円を得る契約を交わす。同じ頃、孤独な老人もこの小さなビルに入ってゆく。看板には別の名前があり、幸福銀行と書いてある。老人はどうすれば幸せになれるかと相談する。幸福銀行は老人にお金をすべて預けるように諭す。ただそれだけだが、老人はやむなく承知する。
    さて、若者はお金を元手に大学に行き、技術を得て新しいヘルスケアシステムを発明し、成功する。まとまったお金が彼にイノベーションをもたらしたのだ。
    一方、幸福銀行にすべてのお金を預けた老人は、やむなくケアするスタッフを解雇して、自分で身の回りのことを始める。老人は元気になり、やがて村に出て行き友人を作り、交流をもつことになる。老人はいつしか幸福を手にしたことを知る。若者の発明した製品で老人は健康も維持することができるようになった。
    5年後、若者は時間銀行に行き、約束どおり自分のこれから5年間を差し出すと言う。すると時間銀行は、5年間分の時間を君の今持っているお金で買い取ればよいと伝える。時間でお金を買えるとともに、この銀行はお金を時間に変えることもできたのだ。そして幸福なことに、その頃には、若者の発明によって人々は長寿となり、時間の価格は昔よりも安く買えるようになっていたのだった。そこで、若者は持っていたお金で自分が差し出すべき時間を買い取り、残ったお金を時間銀行に預けた。そしてしばらくするとまた新しい若者が時間銀行にやってくる。
    こんな感じで物語は終わる。僕はこのフィクションで時間とお金を交換するシステムがうまく作用するという世界観を示した。

    しかし、他のメンバーは、このフィクションに賛同しなかった。代わりにもっとリアリティのある案を出してきた。でも僕には、それらはまるでダイナミックでなくつまらなく思えたし、すでに今の社会で出ている政策としてどこかで聞いた話だと思った。でも、まぁ、それでもいいかと思った。所詮、机上のワークショップだ。

    でも、彼らのストーリーの中で譲れない点がひとつだけあった。それは既存のシステムから離脱し、若者達がユートピアを別に作ろうとすることだった。僕はそれだけはダメだ、といった。それはヒッピーだ。

    まったく新しい第三世界を夢想することだけはだめだ!

    絶対に、システムや現実と真っ正面から向き合い、そのリアリティの葛藤の中でリスクをとり(例えばぼくのストーリーでは一人の若者が未来の時間を差し出さなければならない設定だ)、なんとか試行錯誤しながら新しい世界を創るべきだ。

    僕は強く言い切った。まくしたてた。彼らの一人とはもう長く話してきたし、サウナで裸の付き合いもした。僕はだから軋轢を選んだ。僕には珍しいことだ。

    それから自分の話をした。僕はM&Aの業界を離れて、最初の会社を作った。そこでまったく新しい角度から会社を見ようと唱えた。賛同してくれる人も多かった。でも失敗した。それはユートピアを夢見たからだ。それは逃げなのだ。僕は真っ正面からこのファックな資本主義システムにガチンコの勝負を挑むべきだったのだ。それを迂回して新しいものを作ろうとした。現実をなめていた。結局、僕は会社を売ってケンブリッジに逃げてやがて帰ってきた。そして二年かけて売却した事業を取り戻した。また振り出しにもどって同じように戦いを挑むためにそうした。まわりはうまく売り抜けたのになぜ?と言った。なぜ?あたりまえだ。僕にはカネなんかより大事な魂と使命があるからだ。
    僕はこれからもGiftや時間銀行、firmsや、その他の事業を通してこの馬鹿げた資本主義システムに挑み続けるし、儲からない出版やら、時間の無駄にすぎない課題をクリアして、英語で世界に資本主義後の世界について論文や本を書かなければならない。でもそこに正面から挑むんだ、と語った。迂回してなんかいられない。空想もヒッピーもだめだと息巻いた。言っていて自分でも驚いた。他人とは自分の写し鏡のことだ。僕は自分に言い聞かせていた。

    言い終わった後で、初めてすっきりした。もう子供やら社会的責任やらどうでもよくなった。すべてがシンプルになった。もしたった一人になっても「お金のない経済世界。そして人々の創造の可能性を最大化する社会システムをつくる」それが自分のミッションだと思い出した。財産もどうでもいいや、となった。それで晴れ晴れとした。

    帰りのバスで、チームメイトが、今日はひどい日だったね、と声をかけてきてくれた。僕は、いや、今日は最高の日だったよ、と答えた。ヘルシンキは今日は雨が降って気温も零度になりそうだけど、僕は傘もさすことなく意気揚々と背筋を伸ばして帰り道を走った。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック