calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

山口揚平の書籍一覧

Facebookを公開しています

投資の心得 〜3か条〜

0
    2008年12月の年末セミナーの総評で話した投資の3つの心得は、僕の投資や事業遂行の原則になってて、その考え方は今でもまったく変わっていない。

    ちょっとここで紹介しておこう。

    -------

    企業を見るときは、3つの視点に着目する必要がある。誠実性・現実性・戦略性である。誠実性とは、すべての関係者(顧客・従業員・パートナー・地域社会)に対する誠実な対応、現実性とはたしかな事業骨格をもち、キャッシュフローを創出していること、戦略性とは未来を見据え“くさび”を打っていることである。

    世界はかわりつつある。モノの製造から流通への覇権のシフト、西洋型の要素還元主義から東洋型有機統合への変化。エネルギー革命、グローバル化からローカライゼーションへの変化である。既存勢力と折り合いをつけつつ新しい時代を切り開こうとしている新進気鋭のプレーヤーが現れつつある。そのようなプレーヤーを私達市民投資家で応援してゆこう。

    将来の世界がどのようになっているかを見つめること。どのような世界になっていてほしいかを頭に描くこと。そしてその世界を実現してくれる企業へ投資をすること。そうすればあなたの投資によって、文字通り世界は「創造」される。あなたの投資したお金とは、10年、20年後にあなたが年金をもらうときに、再び再会すればいい。それまでしばしのお別れである。

    -------

    「投資」と「消費」の境目はあいまいになってきていると思う。

    最近の「ソーシャルファンディング」や「ピアトゥーピア金融」、「物々交換ネットワーク」、「投げ銭」などの新しい金融システムをみていると、それらは従来の投資とは明らかに違う。

    また、消費も従来のように、個人的・物質的なニーズから、相互関係的なニーズを満たす「つながり消費」へと大幅にシフトしている。

    このような消費・投資双方の歩み寄りの方向は、欧米的な成功者による「寄付」ともまたニュアンスが違う新しい経済システムを生み出すだろう。それが資本主義と民主主義を統合昇華させる新たな社会創造システムの解となるのだ。

    僕は、市場とも違うそのような連続的社会創造システムを作り出すことが自分達の世代の使命だと思うし、そんなポスト資本主義の時代に生まれたことを嬉しく思う。

    ぜひそんな思想に興味を持ち、またアイデアや概念を持っている人がいればいつでも連絡を下さい。
    ツイッターは、yamaguchiyoheiです。どうぞよろしく御願いします。







    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2013/08/29 1:55 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック