calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

山口揚平の書籍一覧

Facebookを公開しています

仕事をおもしろくするたった一つの方法

0
    リサ=ランドールは、「ワープする宇宙」で一世を風靡した才色兼備の理論物理学者だが、彼女が、来日した際、東大の学生に対して飲み会で話したアドバイスは示唆深い。

    「理論物理学のキャリアを目指す人すべてが、将来に不安を抱え、自分のやっている研究の意味合いについて悩んでいる。

    もっとも大事なことは、“勇気を出して楽しむこと”である。」

    僕は仕事を楽しくする方法を、たった一つだけ知っている。

    それは、+20%を常に追求することだ。

    多くの人は、80%の仕事しかできない。それは、100%を目指すからだ。
    人は100点を目指したら80点しかとれない。

    だから120点を目指すのだ。

    20代のとき、提案書でも報告書でも、常にクライアントの期待値までを前日の夜までに終わらせ、+20%のために当日徹夜した。

    その20%の利回りが、時を経て、大きな財産・成長の糧へと変わっていったはずである。

    上司にとって一番かわいい部下とは、成果を挙げる人だ。
    その次にかわいいのは、自分のキャパを上回る成果を挙げようと努力する人だ。

    上司は、部下のキャパを“正確”に把握している。
    だから、部下が何を言おうが、その人がキャパの何%で仕事をしているのかを見抜いているものである。

    だからクライアント(上司)の期待を、20%上回ること。それをバーにして仕事をしよう。

    きっとそれがあなたの仕事をおもしろくするたった一つの方法なのです。

    コメント
    なるほど!
    • ゆたちん
    • 2008/06/10 12:09 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2013/10/30 2:17 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック