calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

山口揚平の書籍一覧

Facebookを公開しています

ロジック&マジック

0
    私たちは、通常、物事を経験的に処理する。
    問題が与えられたら、即座に“答え”を考える。

    売上が下がれば、チラシを配ればよい、という風に。

    しかし、これではうまくいかないこともある。
    コインの裏返しの対処療法では、改善は行われても改革は行われないのだ。

    僕は、問題解決のコツは、問題が与えられたときに、答えではなく、問題の構造を考えることにあると思う。

    アインシュタインのこんなクイズがある。

    http://arekorenavi.info/archives/2006/11/262144.php
    (あれこれさんのブログより)

    答えを出すためには、構造を論理的に解かなければならない。
    このクイズ、98%の人は答えられないらしい。
    しかし、それは、答えを導き出すための手法がわからないだけだと思う。

    方法は単純で、各家について、色、国籍、飲料、タバコ、ペットの5つの視点から、見ていくというものだ。

    解答はこちら

    http://arekorenavi.info/archives/2006/11/292212.php

    つまり、丁寧にものごとの構造を考えているだけなのである。

    論理的思考とは、要するに、問題に「構造」を与え、因数分解すること。
    何かの“ピース”をみつけたら、それを“パズル”にしてあげること。

    パズルにするとは、与えられた事実の対称概念(ペアの相手)、上位概念(そもそもの意味)、下位概念(細胞分裂)は何かを考え丁寧に構造化してあげるのだ。

    これには、算数(加算乗除)と国語の知識が必要であるが、構造化にはパターンがあるので、何度も繰り返し練習するのが有効である。

    このような要素分解の手法を知っておければ、事に際し、不安をある程度防ぐことができる。

    不安とは、現状(ピース)への執着と、全体像(パズル)が見えないことからくるものだからだ。

    そう考えると、人生って、見えないピースを追うことと、知性をもって、全体像を考えることの両面が大事なんだな、と思います。





    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/05/14 9:28 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/06/29 6:09 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/07/13 6:42 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/09/25 5:48 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/10/05 4:35 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/10/05 11:04 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/10/10 3:59 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/10/11 2:34 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/10/11 5:58 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/10/17 3:21 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2007/10/18 2:01 AM
    コメントする