calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

山口揚平の書籍一覧

Facebookを公開しています

シェアーズ再設立の抱負

0
    JUGEMテーマ:ビジネス
    僕は、10年以上、M&Aの世界に生きてきました。そこは資本主義の頂点、お金という数字が世界を支配する戦場です。お金は大事だし、万人にとってわかりやすい指標です。でも本当に大切なものは目に見えない。複製されることもない。価値の本質は固有性・一瞬の美なのだと思うのです。お金はその固有性を漂白し、匿名な存在にしてしまう。あなたにとって大切な仕事や作品にも平気で年収や値段という価格(数字)をつけてしまう。

    僕は、この数字が世界を支配する社会構造をなんとかして変えたいと思って、8年間、事業や出版を通して活動してきました。その最初の事業が、企業の実態を誰でもわかるように表現するこのバリュエーション・マトリクスです。このシステムは、2010年にクリック証券に売却されましたが、新たなメンバーのもと、2013年に再スタートを切ることになりました。

    僕のバリュエーションマトリクスのビジョンは、誰でも直感的に一瞬で企業の実態がわかるようにすること。
    2015年までに世界中のすべての会社のカルテを作成することを目指しています。

    なんでそんなことをするのか?
    その問いにこたえるには、僕たちの会社、シェアーズのビジョンに戻る必要があります。
    すべての前提として、


    人は皆、自分の人生を生きるべきです。

    では、生きるとは何でしょう?
    生きるとは僕は、「創造のプロセス」のことだと思っています。
    各々の人々が、真にやりたいこと、実現したいこと、表現したいことを現実の形にすること、それが創造であり、人生です。 だから、僕たち株式会社シェアーズは、自分たちのミッションを「創造の可能性に対してエネルギーを供給すること」と定めました。

    僕たちが、バリュエーション・マトリクスをつくるのは、誰でも企業の実態がわかり、良い事業や企業に対して、市民のお金(エネルギー)が直接流れる社会をつくりたいと思うからです。

    現在のように、市民の参画なく、金融業者が数字だけみて、トレードを繰り返した結果、作られる世界と、市民が直接、企業やプロジェクトにエネルギー(お金や思い、時間)を投入して新しい世界をつくるのだとしたら、どうしたって後者の方がいいに決まっている。この分業化が進み、日々忙しい市民にとってもっとも手軽でもっともリスクが低く、リターンは高く、そしてそれ以上に、創造の主体である企業や事業やプロジェクトと「つながる」喜びを創りだすために、僕たちはバリュエーション・マトリクスを作りました。

    まだまだバリュエーション・マトリクスはどんどん進化します。
    よりわかりやすく、より直感的で、より本質的に企業の価値を表現します。

    そして、バリュエーション・マトリクスを使って多くの人が意見を交換し、企業にモノを言い、企業をよい方向に導けるようにしてゆきます。
    もちろん、バリュエーションマトリクスを使ってワンクリックで投資そのものができるようにも発展させてゆきます。
    投資した会社やプロジェクトに誰でも間接的・直接的に参加できるようにします。

    ポスト資本主義、それはお金をできるだけ使わないで思いをつなげ、価値を生み出し、幸福を増やす新しいしくみ、そんなポスト資本主義時代のインフラとなるようシェアーズは頑張ってゆきます。応援・アドバイス・サポートをよろしくお願いします。シェアーズはいつでも誰にでもOPENです!

    バリエーション・マトリクス
    http://www.valuationmatrix.com

    デューデリジェンス

    0
      M&Aを成功に導くビジネスデューデリジェンスの実務
      M&Aを成功に導くビジネスデューデリジェンスの実務
      アビームM&Aコンサルティング

      本書は、これまでM&Aコンサルティングファームの内部でのみ秘匿されていた
      プロの分析手法を「ここまで出すか」というほどおしげもなく披露した渾身作である。

      M&Aの全体像を見せてくれると共に、それぞれのプロセスを丁寧に解説した
      痒いところに手が届く内容に仕上がっている。

      これまで企業価値の算定方法について書かれた本は多かった。
      しかし、企業価値を実際にどう高め、それをどう数値に反映させるか、を書いた本は少なかった。
      本書の新しさは、“結果”としての財務数字と、その“原因”としての事業との 関係を明快に説明した点にあると私は思う。

      書名は、ビジネスデューデリジェンスの実務であるが、実際には、M&Aのすべての領域を網羅しており、M&Aの分析実務はこれ一冊で十分である。
      また、所々に入っているコラムも、“現場感”が伝わってきて面白い。

      本書を読むと、M&Aファーム時代の自分を思い出す。

      3連続徹夜で、分析・インタビュー・分析と永劫かと思われる作業を繰り返した。

      夏の台風で、エアコンの穴から、水が部屋に浸水したときも、穴を左手で押さえながら、右手は携帯を持って、相手側とバランスシートの数値について説明してたっけ。それも懐かしい思い出です。


      気をつけなければいけないのは、デューデリ(分析)に終わりがないということ。わかればわかるほど、次が知りたくなるのだ。
      大事なことは、プロジェクトマネジメントとクライアントフォロー。
      過ぎたるは及ばざるがごとし・・・、足るを知る、ということ。

      最近は、一社の分析に40時間以内と私は決めています。

      というか、飽きるし眠い


      P,S 
      本書は個人投資家向けというより、企業の価値を高めたいと思う人向けなのでご注意ください

      価値観の広がり

      0
        今日は、戦略コンサルティング会社を経営されている方と食事をさせていただいた。

        しばし遠ざかっていたロジックの世界について、心地よくお話ができた。
        共通の言語を持つ相手との会話はとても心地よい。

        と同時に、これまでの半年間で、コンサルティング業界以外の新しい価値観を吸収してきた自分に気づいた。
        その相手は、事業パートナーであったり、連携先の企業、インターンスタッフだったりする。

        初めて飛び出したビジネス社会では、私の小さな世界は通用しない。

        どこまで、相手とその価値観を許容できるのか、それこそがビジネスの本質だといえる。
        かつて、このコラムで、ビジネスとは「資源の組織化」であると書いた。
        分散した資源を組織化する唯一のツールは、互いの価値観につながりを持たせることである。いいかえれば、ビジネスとは「価値観の融合」である。

        価値観の合わない人と仕事をしない、というスタンスでは、“仕事”はできるが、“ビジネス”はできない。

        自分のコアの信念を強固に維持しつつ、どれだけ価値観に広がりをもたせることができるのかが、現代のビジネス環境における成長のキーであると改めて気づいた。





        目には見えないもの

        0
          最近の潮流として、物質的なものだけではなく、精神的・意識的なものへの関心が高まっていると感じる。

          これまで、公然と発言することはばかられていた意識の働きなどの分野においても、それを話すことについて違和感がなくなりつつある。

          昨日、友人と話をしていたが、彼は、腰を痛めていて、あらゆる治療方法をためしたがうまくいかず、最後に、「数珠」を巻いたら、痛みが取れたという。腰痛は、「憑き物だ」という。その場にいた別の女性も同じ経験をしたそうだ。実際、分別のある人たちにおいても、なにか「目に見えない」ものの実存を信じるという動きがある。

          私自身は、実証できないものは、信じない(られない)たちだが、そこに、ものの本質があるのであれば、意識と物質化の因果関係を解き明かしたいと思う。

          しかし、こと意識の分野になると、科学とオカルトの境目がわかりづらい。実際、巷には怪しいものが多い。

          以下のうち、あなたならどこまで、その実存を信じられるだろうか?

          ・成功者は目標を紙に書く→イメージの物質化現象
          ・嫌だとわかっていてもいつも同じ男性(女性)を好きになる→トラウマ/無意識/条件付け
          ・見る夢には意味がある→夢と問題意識の関係(ユング)
          ・口癖が人生を変える→“言霊”の威力
          ・江原啓之→スピリチュアリズム?
          ・すべての人の無意識はつながっている→アカシックレコード?
          ・現在起こっていることは、前世のカルマに基づいている→輪廻転生、因果律

          欧米のインテリ層の中には輪廻転生を信じるものも多い。

          単に、そのような「心構え」が人生を豊かにする、というような思考ではなく、意識と物質化の関係を、科学的に捉え直したいと思う。


          P,S 「目には見えないもの」湯川秀樹




          切り口×情報

          0
            会社を退職し、ゆっくりした日を過ごす中で、思いと意思が明確になる。

            私は、究極的には、物事を捉える視座の豊かさを、より多くの人と共有したいと思っているだけなのだ。ユニークな視座・多様な視点で物事を眺めれば、現象の裏側にある目に見えない世界がようやく見えてくる。

            「知は力なり」は真実だと思う。
            知とは、物事の解釈のバラエティの豊かさだと思う。
            決して、情報や事実そのものを人より多く知っていることではないし、ましては、クイズに答えてアメリカを横断するスキルでもないだろう。

            大事なことは、情報や事実でなく、その捉え方・切り口なのである。

            こと、投資に関して言えば、情報はどこにでもある。
            例えば、会社の財務諸表は、今では完全に無料公開されている。
            しかしこれを使って、実際に利益を上げている投資家は少ない。
            投資情報の代表格である四季報は、膨大な工数で編集を進めても、その売値は2000円以下なのである。

            人は、情報を求めているのではない。ただ、“意味”を求めているのだ。

            価値は、情報自体ではなく、情報の捉え方(切り口)にこそあるのだ。
            一冊5万円の四季報を作る、というのは私の目標(というか予定)の一つである。その意味するところは大きい。

            エファメラライゼーション

            0
              「スプレット」、「レバレッジ」と並ぶ重要なコンセプトが、このエファメラライゼーション(ephemeralization)だ。

              その意味は、「一回だけ行う」というもの。
              語源には「生命の〜」という意味を持つ。

              ビジネスでは、一回だけ行えば、その後、継続的に利益を創出するしくみを創り出すことが大事である。つまり、バケツで水を汲み続けるのでなく、パイプラインを作るのである。
              エフェメラライズのパターンには、たとえば以下が当てはまろう。

              ・知識をしたため、本として出版する(作家)
              ・講義内容を録画し、DVDで販売する(情報商人)
              ・アルゴリズムをシステムに落とし込み、定期的にアップデートする(google)
              ・ポテンシャルのある優秀な人材にスキルを短期間で伝授する(プロフェッショナルファーム)
              ・10年後のエクセレントカンパニーに超長期投資を行う。あとは放っておく(ウォーレン・バフェット)

              ラットレースを続けるのではなく、エフェメラライズする力を持つと、利益は急激に膨らんでゆくはずだ。

              なぜなら時間は何よりも貴重な資源だからだ。
              この高度知識社会では、もはや金が金を生むのではなく、時間の使い方が金を生むのだと思う。

              この世界では、ROE(Return on Equity)は重要な先行指標足りえない。
              (単純に、結果指標としては有効である)
              われわれは、ROT(Return on Time)にコミットすべきかもしれない。

              一ヶ月間に使う時間構造を鳥瞰し、時間管理を学ぶべきであろう。
              時間管理のコツについては、後日。



              提案(PD)

              0
                これまで恐らく200以上の提案書を書いてきた。
                その結果、取れる提案書と落とす提案書がわかるようになった。
                当たる確率は70%程度だと思う。
                私は、プロジェクト獲得の確度を上げることも大事だと思うが、
                プロジェクトを取れたか、落としたか、瞬時にわかるスキルも必要だと思う。
                落とす提案書の特徴は以下のとおり。

                1.紙の“使いまわし率”が30%を超えている
                  (本を読めばわかるのでは仕事にならない)
                2.「目的」が3行以上書いてある(一言で言えるように)
                3.「論点」が焦点化されていない(Key Issueを三つまで絞り込む)
                4.分析アプローチが貧弱
                5.一枚でもつまらない紙が入っている
                6.初期分析が甘い(業界のプレーヤー分析、マーケット動向変化は必須)

                | 1/1PAGES |